大田区で家族だけの葬儀と社葬を行いました

旦那の意志を尊重し家族葬を行うことに

結婚してから二人三脚で家庭を守ってきましたが、20年ほど前に勤め先を辞めて旦那が独立することになりました。
まだ子どもが学生だったこともあり、独立してやっていけるのか不安になりましたが、周囲の人たちのご縁に恵まれたこともあり会社は成功したと言える状態になりました。
巷では定年退職とされる65歳を過ぎてからも旦那は精力的に働き、80歳まで現役で働いていました。
その後はゆっくり孫の面倒をみながら生活をしていましたが、1ヶ月ほど前に体調を崩したら、そのまま帰らぬ人になりました。
旦那は潔い性格だったので、最後も旦那らしい死に方だと納得した部分がありました。
会社を退いてからも、取引先の人や従業員とは仲良くしていたので、旦那が亡くなった時は盛大な葬儀になるだろうと考えていました。
しかし長男から、実は生前から父親に葬式は家族葬だけで簡易に行ってほしいといわれていたことを知りました。
全く知らないことだったので驚きましたが、旦那の意志を尊重したいと考え、長男を喪主にして家族葬を行うことになりました。

都内の名店
江戸川区 瑞江葬儀所
大田区 臨海斎場
荒川区 町屋斎場
新宿区 落合斎場
渋谷区 代々幡斎場
葛飾区 四ツ木斎場
品川区 桐ヶ谷斎場
杉並区 堀ノ内斎場
板橋区 戸田葬祭場

— FW11B (@FW11B_Red5) 2017年12月5日

旦那の意志を尊重し家族葬を行うことに | 気を使う必要がないというのが良かった | 満足のいく葬式ができました